シャネルの歴史

兆しを心配して、この日にリリースをしたためにそれは数の「5」を話されます。

それは、大胆に脂肪族アルデヒドを使った香その他による話題になります。

「No.5」は、試作品番号です。

1939年9月の第二次世界大戦の勃発で、店が除外する香水とすべてを閉じます。

そしてココのブティックはウォルター・シェレンベルクと
北フランスのドイツによる占領平均を通してのドイツの海軍大将学校の愛好者でした。

1944年に同盟全国軍隊によって
フランス解放の後「裏切り者」としてで非難されて
スイスに脱出に強制されます。

フランスで開くことの後の10年の後の1954年です。
そして、操業停止店は復活します。

カンボン通りの店を再び開いて、オートクチュール収集を戻します。

1970年に、香水「No.19」を発表します。
しかし、1971年の家としてあったオテル・リッツで次の日ココは死にます。
カール・ラガーフェルドは、その後デザイナーとして就任します。

ここのスタイルに従っている間
時代の空気を理解した新しいシャネルを提案して、
ブランドとしてリバイバルを成し遂げます。

大多数の製品は会社工場で製造されます。
しかし、サングラス眼鏡フレームに関しては
イタリアのルックスオティカ会社は免許を受領してそれを生じます。
エルメスについてシャネルについて